So-net無料ブログ作成
検索選択

エコエコアザラク TV版 第21話 「 血 」THE BLOOD [エコエコアザラク]

第21話 「 血 」THE BLOOD

 監督 高橋巖  脚本  新田隆男 「特殊メイク」原口智生

出演  佐伯日菜子  翁華栄   白鳥智恵子

◆・ストーリー

 外科医の岡本(翁華栄)の妻・薫(白鳥千恵子)は吸血鬼になってしまい、
夜な夜な男を襲って殺し血を吸い、岡本はその犠牲者の後始末をしていた。
ミサが原因を尋ねると、薫は原因不明の高熱の病に掛かり、人に教わった
新しい治療を試したところ全快したが、吸血鬼になってしまったという。
 吸血鬼と化した妻を倒すには、寝ているうちに吸血鬼として復活する前に
心臓に杭を打ち込む事だが、岡本は出来ずに自らが囮になる選択をした。


◆・レビュー

 カルメアの結界(不浄な者は一度入ると二度と外へ出られない。ただし、自分から
入らなければならない。)という。もし、現在の世の中に、カルメアの結界が存在し
設置場所が判らなかったら誤って入ってしまい、外へ出られなくなった不浄の者が
大勢出て来るのは確実であろう。そういうのを観てみたいと思う。知り合いを発見したら
「あ~あいつは不浄の者だったのか~」と驚いたり「あ~やっぱりな」と納得したりという
喜怒哀楽があって中々興味深いではないか。

 岡本は、自らが囮となって妻に自分の血を吸わせて、吸血鬼となり2人一緒に死ぬ選択を
した。岡本が妻の薫を本当に愛していたのが判る。妻に杭を打って眠らせてあげるのでは
なくて、自分も吸血鬼となり心中したようなものだ。

 白鳥智恵子の吸血鬼は秀逸で清楚で純真な妻の容貌と、吸血鬼に変身してレザーの衣装
を纏った姿に、血液への欲望剥き出しの色っぽい眼付の対比が面白い。
また深夜、路上で襲われる男の「誘惑されたと勘違いしたスケベ丸出しの表情」が素晴らしい。

★・点数 60点


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。