So-net無料ブログ作成
検索選択

エコエコアザラク TV版 第25話 「妹」 ANRIⅡ [エコエコアザラク]

第25話「妹」ANRIⅡ

監督  舞原賢三  脚本 林荘太郎  「原案・脚本・監修」 梶研吾

出演  佐伯日菜子  川井博之 野本実穂乃 秋本翼
     東静子  加藤茂雄  今村理恵

協力 藤野開発

◆・ストーリー

 アンリ(今村理恵)は、守護神様として祭り上げられている。
シスター(野本実穂乃)は「新たな器が必要」と、村人達にミサを指名した。
魔術を封印されたミサは危機一髪の所で、リョウ(川井博之)に助け出され、村人達と
シスターの追手から逃げ回る。 
 無事逃げ延びてホッとしたのもつかの間、突然現れたアンリに、リョウは刺されて
しまい、さらにミサの身にも危険が及ぶ。実はアンリはシスターの一人が変身した姿
だったのだ。シスターは死に際に人類と神の関係の驚愕の事実を話し始める。

◆・レビュー

 大門村(おおかどむら)とは、大いなる門⇒だいもん(ダイモン=悪魔の語源である)
その悪魔が、村人達には守護天使となっている。崇められる者が降臨するには、器として
能力者の身体が必要であり、降臨されると身体が崩壊するという。
中世の魔女狩りは、能力者をあぶり出し器として利用する為に、彼らの神が引き起こした物
だったのだ。そして、今「ミサとアンリ」という極めて良質な器を確保しつつあるのだ。

 アンリに変身していたシスターによって、驚愕の事実が語られる。
悪魔、神、天使、等は、人類が勝手に分類しているだけで、人類、そして地球の精神の支配者
として太古から存在していたのである。人類はエネルギーとパワーを提供する養殖された生物
のようなものと解釈出来る。彼らは、この世に渦巻く人間の醜い憎悪のパワーを吸収して、
いずれは全宇宙に君臨する目的で、能力者を血祭りに上げてきたのだ。

 我々は「神?」悪魔の手によって飼われエネルギーやパワーを供給する存在にすぎなかった
のである。洗脳された純真無垢な村人達、呪文を唱えながら迫るシスターのグループ。
政府や警察や自衛隊の力が及ばぬ異様な世界である。

 この回で、ミサは初めて敵の正体と強大な力を知るのだが、妹を助けて両親を元の身体に戻す
為に、単身、敵地に乗り込む。それは正義や人類の平和の為ではない。ストーリーの進行は壮大
な方向に展開しそうなのだが、ミサにとっては個人と家族の問題のままである。
大上段に構える所なく、個人的なささやかな希望を貫きながらも、結果として人類の救済に
繋がっているような働きをする事になる。


★・点数100点
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。