So-net無料ブログ作成

サイレン [医学]

サイレン(2006年東宝)

監督 堤信彦  脚本 高山直世

出演者 市川由衣  森本レオ 阿部寛  西田尚美  田中直樹
     嶋田久作  松尾スズキ 西山潤 

挿入歌
 「アステカ・クイーン」 歌・作曲・我妻えり子 作詞 佐藤直子
  
 「尊鏡秘抄歌(とうきょうひしょうか)」
 歌 高橋真唯 作詞 花島邦明 作曲 佐藤直子

エンディングテーマ「SIREN」石野卓球

ロケ地 八丈島

◆・ストーリー

 フリーライターの天本(森本レオ)は、オカルト雑誌の取材と子供の療養を兼ねて、
夜見島(やみじま)へ引越しするが、その島は29年前に全島民が謎の失踪事件が
あった不気味な島だった。
 由紀(市川由衣)は、惟一の生存者だった土田(阿部寛)の残した手帳を見つけるが
「3回目のサイレンで村人達に変化が」と書かれたページで手帳は千切れていた。
そして、島には3つの警告が伝わっている事も知る。

1 「サイレンが鳴ったら外に出てはいけない」
2 「森の鉄塔に近付いてはならない」
3 「その謎は解かない方が良い」

 夜になると29年前と同様、停電と暴風の中、1回目のサイレンが鳴り響く。
ゾンビのような島民たちが、暴れて襲いかかって来たのだ。有希は弟を連れて逃げ回る中
、ついに3回目のサイレンが鳴る。由紀はサイレンを止める為に鉄塔へ登り、
スピーカーを壊すがサイレンの音は鳴りやまない。


◆・レビュー

 由紀の視点で物語は進行していく。この映像を観ている者は、それが現実だと思い
感情移入して体験を共有しようとするだろう。しかし現実は違っていた。事実が暴かれると
同時に、由紀と同様に、それまで観ていた側も由紀の幻覚と幻聴で構成された虚構の
世界が展開されていたのを知る事になる。

不気味に鳴り響くサイレンの音。
じっと見つめている隣家の女性(西田尚美)
スコップを振り回して襲ってくる父親。
29年前の父と医師(田中直樹)や警官(嶋田久作)、それに島民のスナップ写真。
外で鉄塔を指差している弟。そして弟の英史との一連の関わり。

それら全てが幻覚だったのだ。

島民達が異様な雰囲気に包まれて、不気味な目線で由紀たちを観ていたのは、
島民ではなくて、実は由紀の言動と行動が異常だったからだと気づかされる。
この島へ引っ越してきたのは「英史」ではなくて「由紀」の療養を兼ねていた事も知る。

 フリーライターで唯一、生き残った土田の存在もまた同様で、事件の被害者ではなくて
、島民失踪⇒大量虐殺の真犯人だったことも判明する。
千切れて無くなっていた手帳の続きには、「4回目のサイレンが鳴ったら、島民を殺す」
と書かれていた。サイレンで人の心の中の闇の残虐性が出て来るのだ。

 真実が明らかとなり、改めて見直すと、また違った視点でストーリー展開を追っていける。
初回が由紀と同じ視点で、2度目からは第3者の他人の視点になって見直すと、内容は
変わらないのに、全く別の作品を観ているような錯覚に陥る。

普通のホラー作品のような展開で物語が進行していたのが、突然180度変わってしまい、
驚きと戸惑いが全身を駆け巡る。そして、この意外性が面白く、観る価値のある作品である。
ここでも堤信彦ワールドを楽しめるであろう。

★・点数80点


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。