So-net無料ブログ作成
吸血鬼 ブログトップ

吸血鬼ゴケミドロ [吸血鬼]

 吸血鬼ゴケミドロ (1968年・松竹)

監督 佐藤肇 脚本 高久進 小林久三 特撮ビープロダクション

出演 吉田輝夫 佐藤友美 金子信夫 高橋正也 高英男 北村英三 
    加藤和夫 西本裕行 山本紀彦 楠有子

◆・ストーリー

 羽田から伊丹に向かい出発した国内線の旅客機に爆弾が持ち込まれたという連絡が入るが、
乗り合わせていた大使暗殺犯の寺岡(高英男)にハイジャックされてしまう。
赤い雲に埋め尽くされた不気味な空を飛行する中、突然、計器類の異常と共に謎の発光物体
と遭遇し山中に不時着する。寺岡は、スチュワーデスの朝倉(佐藤友美)を人質にとって
逃げようとするが、偶然見つけた空飛ぶ円盤の中に吸い込まれていき、宇宙生物ゴケミドロに
寄生されてしまう。生き残った乗客たちは醜い争いを繰り広げながら、恐ろしい吸血鬼ゴケミドロ
によって、一人また一人と次々と犠牲になっていく。
朝倉と副操縦士の杉坂(吉田輝夫)は、ようやく脱出に成功したのだが-――――――


続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

スペースバンパイア [吸血鬼]

★・スペースバンパイア(1985年・アメリカ)

監督 トビー・フーバー  脚本 ダン・オバノン  ドン・ジャコビー
原作 コリン・ウイルソン  音楽 ヘンリー・マンシーニ

出演  スティーブ・レイルズバック  ピーター・ファース マチルダ・メイ
     フランク・ファンレイ  パトリック・スチュワート

◆・ストーリー

 1985年8月7日、悪魔の彗星と呼ばれる「ハレーすい星」が76年ぶりに地球に
接近した。調査に向かったチャーチル号(イギリス)が、すい星の陰に巨大な謎の宇宙船
を発見し調べたところ、内部には数千匹の巨大なコウモリの姿をした乗員の死骸と、
奇妙な事に男2人と女1人の全裸の人体が保管されていた。
 チャーチル号は地球に帰還する途中で音信普通となってしまい30日後に帰還したが、
船内には保管された全裸の人体だけが残っていた。
その謎の宇宙船は人類の生命エネルギーを吸収する目的で地球に飛来したのだった。
 蘇生し活動を始めた宇宙のバンパイアの襲撃によって、ロンドン市民が次々と仲間に
されて、互いに襲いあい精気を吸いとられていく。
街中がパニックになり地獄絵図のような惨状を救う鍵は,チャーチル号から脱出し帰還
したカールセン船長(スティーブ・レイルズバック)と女バンパイア(マチルダ・メイ)が
握っていた。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

血を吸う薔薇 [吸血鬼]

「血を吸う薔薇」(東宝)

監督 山本迪夫  脚本 小川英  武末勝

出演
岸田森 黒沢年男 田中邦衛 望月真理子 竹井みどり 伊藤雄一郎

◆・ストーリー

 聖隷学園に就任した白木(黒沢年男)は、初対面の現学長(岸田森)
から次期学長として招いたと伝えられる。
 その夜、早くも女吸血鬼のアタックの洗礼を受ける事になるが、自分の身の
危険を顧みず、教え子の失踪と死亡事件の徹底究明に取り組む。
校医の下村(田中邦衛)から、古くから村に伝わる吸血鬼伝説を聞かされ、
また精神病院に入院中の前任の学長候補の話から、学長と夫人は古来の吸血鬼
が、代々、人の身体を乗っ取り移り住んでいる仮の姿である疑いを持ち、
命がけの戦いを挑む。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

血を吸う眼・呪いの館 [吸血鬼]

◆・血を吸う眼・呪いの館 (1971年 東宝)

 監督 山本迪夫 脚本 小川英 武居勝

出演
岸田森 藤田みどり 江見早苗 高橋長英 大滝秀治  高品格

◆・ストーリー

 中学の美術教師(藤田みどり)は、ある日突然、飼い犬が自分を
無視して走り出した事をきっかけに幼少時に見た夢を思い出す。
それが発端となり、その直後から周囲に不気味な現象が次々と起こる。
 送り主不明の不気味な棺桶が届けられたり、意識障害で倒れた行方不明の
女性の出現など、湖畔の周辺で不思議な事件が続発する。

 別荘の管理人(高品格)と妹(江見早苗)が吸血鬼の餌食になってしまうが、
美術教師は、恋人の医師(高橋長英)の助けの下、催眠術によって幼少期の頃の
恐怖体験を思い出し、原因解明の為に故郷にある謎の洋館に行くと、そこに
全ての秘密を暴く鍵があった。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

血を吸う人形・幽霊屋敷の恐怖 [吸血鬼]

●・血を吸う人形・幽霊屋敷の恐怖1970年東宝

監督 山本迪夫  脚本 小川英 長野洋

出演

松尾嘉代 中尾淋 中村敦夫
南風洋子 小林夕岐子 高品格 宇佐美淳也

★・ストーリー

 佐川(中村敦夫)は海外勤務から帰国して、婚約者・夕子
(小林夕岐子)に逢う為に、自宅の不気味な洋館を訪れるのだが、
土砂崩れの事故で婚約者は死んでいた。
 しかし実際には、死を逃れるため医師(宇佐美淳也)の催眠術に
よって生き続ける事に成功していた。だが、その代償として、
催眠術が解けるまで死ぬ事が出来ない上に、夜な夜な血を求めて
彷徨う殺人鬼になってしまっていた。

 何も知らない佐川は夕子に殺されるが、行方不明となった兄を探す
妹(松尾嘉代)と恋人(中尾淋)が、洋館に住む母親(南風洋子)と
下男(高品格)の態度に不信を抱き、探索の結果、親子と周辺人物の
忌まわしい過去の秘密を暴いたが―――――

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 
吸血鬼 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。