So-net無料ブログ作成
検索選択

妖星ゴラス [科学]

妖星ゴラス(1962年東宝)

監督 本多猪四朗 特撮 円谷英二 脚本 木村武 原案 丘見丈二郎

出演 上原謙 志村喬 池部良 久保昭 水野久美 白川由美 佐原健二
田崎潤 西村晃 太刀川寛 平田昭彦 ジョージ・ファーネス


◆・ストーリー

 土星探査に向かった日本のロケット「隼号」が、太陽系目指して向かってくる
地球の6000倍の質量を持つ妖星ゴラスの調査に向かうが吸収されてしまう。
収集されたデータによれば、ゴラスがこのまま進むと確実に地球と衝突する公算が
決定的と判明した。国連の科学委員会は南極大陸に原子力ジェットパイプを
大量に設置し、軌道から地球を動かしてゴラスとの衝突を避けるという計画で
危機から逃れようと試みる。「南極計画」である。この計画は成功すると思われたが、
突然、怪獣が現れて施設の破壊を行う。



続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

宇宙大戦争 [科学]

 宇宙大戦争(1959年東宝)

監督 本多猪四朗  脚本 関沢新一  原作 丘美丈二郎
特撮 円谷英二   音楽 伊福部昭

出演 池部良 安西郷子 土屋嘉男 千田是也 伊藤久哉  
    ハロルド・コンウエイ

◆ストーリー

 1965年、宇宙ステーションが、突然、空飛ぶ円盤の攻撃を受けて破壊される。
そして次々と世界各地で原因不明の怪事件が続発する。地球侵略を企てる「ナタール」の
仕業だった。日本で開かれた国際会議で月面の調査と対応策が決定し、人類はナタール
が月の裏側に建設中の前線基地の調査&攻撃に成功した。
やがて宇宙空間から地球上にかけて、ナタールと地球人類の興亡を掛けた総力戦が始まる。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

地球防衛軍 [科学]

 「地球防衛軍」(1957年東宝)

監督 本多猪四朗  脚本 木村武 特撮 円谷英二  音楽 伊福部昭  原作 丘美丈二郎

出演
佐原健二 平田昭彦  藤田進 志村喬 白川由美 河内桃子
土屋嘉男 大村千吉 中丸忠雄 ジョージ・ファーネス 

◆・ストーリー

 盆踊りの夜、謎の山火事が起こる。さらに山崩れと陥没により部落が一つ丸ごと
地中に飲み込まれ、突如現れた奇妙なロボットが襲ってくる。火星と木星の中間に
位置して破滅した惑星「ミステロイド」の生き残り「ミステリアン」の仕業だった。
彼らの要求は半径3キロの土地と、地球人女性との結婚で共存を求めていたが、
実は地球侵略の前触れに過ぎなかった。やがてミステリアンは、はるかに進んだ科学力を
背景に、その危険で邪悪な本性を現し要求をエスカレートさせていく。
ミステリアンの存在を察知して、その高い科学力に陶酔していた白石博士(平田昭彦)は
彼らに協力するが、騙されている事に気づき内部から破壊工作を行う。

 要求に屈服せずにミステリアンとの戦いを決意した人類は地球防衛軍を結成し、
地球の科学の粋を集めた新兵器「マーカライト・ファープ」熱線砲を装備した飛行艇
「α(アルファ)号」「β(ベータ)号」を開発して対抗する。


続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

海底軍艦 [科学]

◆・海底軍艦」(1963年東宝)

 
監督 本多猪四朗 特撮 円谷英二  脚本 関沢新一  原作 押川春浪

出演
高島忠雄 佐原健二 藤木悠 上原謙 田崎潤 平田昭彦 小泉博 天本英世
藤山陽子 小林哲子 北あけみ


◆ストーリー

 旗中(高島忠夫)西部(藤木悠)達が、岸壁でモデル(北あけみ)写真の撮影中に、
海中から蒸気人間のような人物が上がってくる。間もなくタクシーが海中に飛び込む。
ムウ帝国工作員を名乗る謎の人物(佐原健二)に元海軍技術将校だった楠見(上原謙)
と、神宮寺大佐(田崎潤)の一人娘(藤山陽子)が誘拐されそうになる。

 12000年前に滅びたはずのムウ帝国が海底の地下深くに存在していたのだ。
それら一連の不思議な事件は、ムウ帝国による世界侵略の始まりだった。
彼らの進歩した科学力に対抗出来るのは、終戦末期に行方不明となった「イ403潜」
艦長の神宮寺大佐が、南方の孤島で秘密裏に建造した海底軍艦「轟天号」だけだった。
生粋の軍人の神宮寺大佐は「轟天号」は日本復活の為にあるとして、出撃を拒んだが、
娘の涙を見て出撃を決意し、ムウ帝国との戦いに臨む。


続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。