So-net無料ブログ作成

怪奇大作戦 第7話「青い血の女」 [怪奇大作戦]

◆・第7話「青い血の女」

監督 鈴木俊継  脚本 若槻文三 特撮 高野宏一

出演  岸田森  勝呂誉 松山省二  原保美 小橋玲子 小林昭二
ゲスト出演  浜村淳 山中紘

◆・ストーリー

 学生時代の友人宅に泊まった三沢(勝呂誉)は何者かに襲われて負傷する。
その直後、それに絡んだと思われる人物が次々と殺されてゆき、関与した
疑いが濃厚な三沢に容疑がかかる。三沢に不利な状況証拠が揃ってしまい窮地
に陥るが、実際は恐るべき殺人人形による仕業だった。
◆・レビュー

 主役は、人間でも人形でもない生物、アンドロイドのような物と解釈してよい
のだろうか?人を殺す殺人人形という設定はよくある事だが、さらにその人形を
扱う人形が居て、自分の意思を持ち行動するという設定が面白いし、また恐ろしい
と思う。息子が結婚して家を出てゆき一人ぼっちになってしまい、寂しさを解消
しようとした父親の老人が発明した人形だが、やがて、その人形さえも老人の思い
通りにならないで、自分の意思で行動するようになるという展開は、まるで反抗期
を迎えた子供のようではないか。子供は成長するに連れて自意識を持ち、父親が
コントロールできなくなり、やがて親元から離れて自立していく。
 
 それは運命的なものであり、一人の人間が子供から大人へと成長していく過程に
過ぎないのだが、それを受け入れるのを拒否した子離れできない父親の哀れさが
浮き彫りになった作品である。
 息子も人形も、結局は親離れしてしまうのだが、一人ぼっちになり孤独感を募らせ
る老人の心のケアという、核家族化の結果起こりうるであろう問題提起がされており、
まるで未来の日本の姿を見通していたようではないか。


★・点数85点
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。